リンパマッサージの効能

リンパ液の流れが悪い、リンパ液がたまっている、とか耳にしますが、これはどういうことなのでしょうか。
血液は血管の中で体中を巡っています。リンパ液は、皮膚のすぐ下にあり、血液とは比べものにならないくらいゆっくりと体の中を流れています。リンパ液の流れが悪いと、多くは体の先端部分である脚などが浮腫んだりします。浮腫んでしまうと、、やがては血管にも影響を及ぼしてしまい、血流も悪くなってしまうのです。
リンパ液は皮膚のすぐ下にあるものなので、マッサージをすることで流れを良くすることができます。

 

・女性に多い冷え性、低体温症、便秘、月経不順、PMSなどの婦人科系の悩みも、リンパの流れをよくして、血流を良くすることで、改善することができます。
・リンパの流れが悪いために、むくみやセルライトがある場合にも、リンパマッサージによって改善されていきます。軽く動かしやすい体になっていきます。
・リンパの流れが良くなると、血流も良くなるので、内蔵機能がアップし、お腹の冷えも改善されていきます。
・リンパの流れが良くなると、乳酸の除去につながり、ストレス、疲労などの改善になります。続けることで、疲れにくくなり、ストレスにも強くなっていきます。

 

リンパの流れをよくして、血流を改善することは、あらゆる面で体にいいといえますね。